Cardiology

循環器・高血圧

循環器診療のご案内

心筋梗塞や狭心症、心不全などの循環器疾患に対して専門的な観点から診断します。症状を予防・改善するための生活習慣改善指導や、カテーテル、バイパス手術を行った後の管理・相談などにも応じています。
循環器の病気は、主に心臓や血管に関する病気ですので大事に至るケースもあります。当院では、丁寧な診察と病歴聴取、いくつかの検査を組み合わせて正確な診断を心がけます。また、これらの病気はライフスタイル(喫煙・食事・運動など)に起因するものが多くあり、生活習慣を改善することなどが大切ですので、日常の生活から健康になっていただけるような指導・治療もおこなっています。また、早急な処置が必要と判断した場合には、速やかに転院・ご紹介を行うなど、近隣の専門医療機関との連携体制も整えています。

循環器診療のご案内

高血圧

血圧とは、心臓から全身に送り出された血液が血管の壁を押すときの圧力のことで、心臓が縮んだり広がったりすることで発生します。
心臓から押し出される血液量(心拍出量)と、血管の収縮の程度やしなやかさ(血管抵抗)によって決まります。

高血圧は、血圧の値のうち上の血圧が140mmHg以上の場合、または下の血圧が90mmHg以上の場合、あるいはこれらの両方を満たす場合に診 断されます。そのままにしておくと動脈硬化が進行して脳卒中や心臓病、腎臓病など重大な病気になる危険性が高まります。

高血圧

高血圧は、サイレントキラー(静かなる殺人者)といわれるように、ほとんどの人で自覚症状がないにもかかわらず、脳や心臓の血管が動脈硬化を起こし、腎臓のはたらきが悪くなることもある決して侮れない病気です。

高血圧

家庭血圧を測定しましょう

最近の研究で、脳心血管病(脳卒中や心筋梗塞など)の発症を予測する方法として、診察室血圧よりも家庭血圧の方が優れていることがわかってきました。そのため日本高血圧学会のガイドラインでも、高血圧の判定では、診察室血圧よりも家庭血圧を優先しています。
したがって、家庭血圧は大切な情報です。

家庭血圧を測定しましょう

降圧薬はやめることができますか?

降圧薬は高血圧の原因を治すわけではありませんから、薬をやめると元に戻る可能性は高いと言えます。
服薬開始後でも、生活習慣が見違えるように改善し正常血圧を維持できるようになれば、薬を徐々に減量してみることも可能です。減塩、運動、減量などを理想的に行うことは、それぞれ数mmHgの血圧低下をもたらします。
2剤以上飲んでいる場合でも薬の減量が可能です。

減塩、運動、減量などを理想的に行うこと

夏の日常生活における水分と塩分の摂取について

1.水分は夏には多く摂ることが望まれます
2.食塩(ナトリウム)は高血圧の人は夏でも制限することが望まれます
3.発汗が多い場合には,水分とともに少量の塩分を補給することが望まれます
4.高齢者の熱中症予防について:まずは暑さ対策と水分補給

詳細は下記「日本高血圧学会減塩委員会からのお知らせ」をご覧下さい。
→ 日本高血圧学会減塩委員会からのお知らせ

こんな症状はありませんか?

・胸や背中の痛み
・胸の締めつけ
・脈の乱れ
・息苦しい
・動悸がする
・手足のはれ、むくみ
・血圧が高い
・めまいがする、など

このような病気の治療を行っています

・狭心症
・心筋梗塞
・心不全
・心臓弁膜症
・不整脈
・大動脈瘤
・心筋症
・急性冠症候群
・高血圧
・低血圧
・閉塞性動脈硬化症
・脳卒中、など

また、他の診療機関で診断されている病気の慢性期の治療を継続して診療できます。
上記に当てはまらない場合でも、体調に異変を感じるようであれば、まずはお気軽にお問い合わせください。

たなか内科クリニックline公式アカウント

診療時間のご案内
Consultation hours

9:00 ~ 12:00
15:00 ~ 18:00

【休診日】木曜午後・土曜午後・日曜日・祝日

受付時間

直接来院
午前 8:50~12:00
午後 14:50~18:00

web受付
午前 8:00~11:30
午後 14:00~17:30

たなか内科クリニック

〒432-8047
静岡県浜松市中区神田町360-27
TEL 053-444-3001
FAX 053-444-3002、050-3606-2302
【診療科目】内科 循環器内科 糖尿病内科

web予約